2016/08/25

モダニズムの建築@佐賀


 所用があり福岡へ。
 そして、もう少し足を延ばして、佐賀へ。
 なかなか赴く機会がなかったのだが、佐賀のモダニズム建築を観たいと思って久しく時が過ぎてしまい、時間が限られている中、えい、と思い切って行くことに。
 いや、素晴らしかった。
 大隈記念館(今井兼次)、市村記念体育館(坂倉準三)、佐賀県立博物館(第一工房+内田祥哉)、佐賀県立図書館(第一工房+内田祥哉)、と歩いて炎天下巡る。蛇足だが、全部自分が生まれる前にできた建築。どの建築も力強い存在感と質感があり、しかもそこに人々が寄り添いながら、建築がある様子がとても好感がもて、静かな感動すら覚える。
 全国でモダニズム建築がドンドン無くなっていっている状況だが、これらの建築群も将来どうなっていくかは何とも言えない。建築が年月とともにその地域をつくっていくということが感じられるが、また時間の経過の残酷さも感じてしまう。灼熱の佐賀でありました。(TM)
 

2016/08/20

甲子園と本塁打のえがく情景

 リオ・オリンピックで盛り上がる中、ひっそりと高校野球で盛り上がっている。ような、気がする今日この頃。雑誌Numberの最新号が、「甲子園最強打者伝説」という特集で高校野球関係の記事を組んでいる。清原が表紙で、この時期にすごく微妙な塩梅だが、記事のメインはその清原である。
 そしてこの記事がすごくいい。久しぶりにスポーツ関連の文章で力作を読んだ、感動!、という感じ。
 記事の内容は清原が甲子園で打った本塁打13本にフォーカスを当て、当時打たれた(3年間に渡り)投手全員にインタビューをしてまとめている。だから、清原本人の言葉は直接的には出てこない、という趣向も面白い。たった一本(或いは一打席)の結果としての「ホームラン」が、その当事者の人生に少なからず、様々なかたちで影響を与えている、という事実がいろいろと考えさせられる。
 そして、そこには甲子園球場という場所が背景として厳然と横たわっている、と感じてしまう。いや、野球のはなしがつづきますが、やはり夏は甲子園やなな、とひとりで納得。うむ。(TM)

2016/08/08

3000の重み

 19951021日。第1戦、日本シリーズに仰木彬監督(当時)率いるオリックス・ブルーウェーブが、野村克也監督(当時)率いるヤクルトスワローズと対決した。
 1995年。そう、117日に阪神・淡路大震災が起きた年に、神戸をフランチャイズに持つブルーウェーブがパ・リーグを制覇して臨んだシリーズだった。
 神戸市民の期待を一心に集めるばかりでもなく、日本中の応援を受けての決戦だった。しかし、結果は14敗の完敗。完全に野村ID野球に抑え込まれるかたちでブルーウェーブは敗退した。
 最後の試合が終わった後、イチローはコメントした。
「このような不甲斐ない試合をしながら、完全に負けてしまいました。でも、こんな僕たちのプレーを、ブーイングもせずにスタンドで応援してくれる神戸のファンをもてて、僕たちは誇りに思います。」
 神戸市民全員が涙した瞬間である。もちろん僕も泣いた。
 
 それから20年の歳月が流れ、201687日(日本時間は88日)。
イチローがMLBでの3000本安打を達成。
感無量である。
本当にすばらしい。
泣けた。
ただ、それだけである。 (TM)

2016/07/31

村上春樹とイラストレーター展

 ちひろ美術館東京へ『村上春樹とイラストレーター展』を観に。自宅から自転車で10分くらいの距離なので、家族と一緒に散歩がてらという感じで赴く。
 まったく私事ながら、村上春樹の著作は翻訳も含めてほとんどのものを所有しているので、本の表紙の絵を原画等で観られるのは、なかなか至福の時でありました。ひとつひとつのイラスト作品を観ていきながら、自分が読んだ時代のことが、こちらにフツフツと沸き上がってくる、という不思議な感覚。そう意味でも、文学というものがさまざまな方向性とレンジで、我々に影響を及ぼしているという一端を、まさに個人的に感じることができた訳である。
 さて、展示の内容とはまったく関係ないが、それにしても、ものすごい来場者の数(密度)なのにビックリした。美術館が非常に小さな施設なので、そこそこの人数が入るとかなりの密集具合。以前、来館した時は、ほとんど人がいなくて、のんびりと施設を巡ることができたが、あまりの人出の多さに入口で「帰ろうかな、、、」と思った程。果たして、これは村上春樹効果なのか?いや、すごいですね。改めて、東京の懐の深さを感じさせられました。(TM)

2016/07/29

Live @馬喰町

 馬喰町の奉仕会館にて地元の町会などが主催して、例年この時期にビア・パーティが開催される。その名の通り地元の方々がビールを飲む集いなのだが、ただビールを飲んでいてもつまらないので、バンド演奏がおこなわれている。
 そのバンド演奏の場に、僕が参加しているバンド(バンド名:The Pow!)も参加させて頂いている。もうかれこれ78年くらいになると記憶している。時が経つのは本当に早い。
 今年も我々の出番は8時半くらいから。例年、夏のこの場ではカバー曲を中心に演やせていただいている。今年もブラー、レッチリ、ビートルズ、奥田民生、プライマルスクリーム、等、とまったく多種多様なセットリスト。
 それにしても、この会は、異様な盛り上がりを見せるので、演っているこっちもある意味非常に気持ちいい。今年も2曲目くらいから会場のボルテージが異常に上がり、最後は観客の方々みな踊る踊る!状態になり、面白かった。いやはや。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。
 観客の方々の年齢層は、平均するとかなり高いとお見受けするので、本当にこのパワーには脱帽である。おそるべし、馬喰町。明後日の都知事選の結果にはあまり希望がもてなさそうな気配だが、まあ、日本人も捨てたもんじゃないよね、と思う。今日この頃でありました。 (TM)

2016/07/26

卒業研究発表会2016

 武蔵野大学4年生の卒業研究の発表会。4年生にとっては前期の集大成となる。60名弱の全ての学生の発表会なので、かなりの長丁場になる。
 今年は朝9時スタートで、終了したのは夜の8時。そこから審査、及び再提出者の発表まで含め、夜9時までかかる。学生も疲れただろうが、こっちもかなりクタクタになる。が、前期の総決算ということもあるので、思わず色々と講評及び指摘をしてしまう。
 水谷研究室は総勢9名。無事に完成し、再発表にも引っかからず、学生たちは一安心。おつかれさまでした。
 大井町の居酒屋で10時半くらいから打ち上げ。時間があまりなかったが、改めて卒業研究のテーマ等を肴に盛り上がる。ある意味、学生生活最初で最後の学術論文の制作もこれで一段落。今後の糧にして欲しい。さて、後期の卒業設計への展開が楽しみだ。(TM)

2016/07/20

設計演習前期講評会2016

 武蔵野大学、3年生の建築設計演習(授業名:空間造形3)の第2課題の発表会。3年生にとっては前期最後の総決算となる。
 課題は吉祥寺市街地に「働きながら住む10世帯の集合住宅」をつくる、というもの。
 提出作品の中から十数名を選んで講評をおこなった。
 全体的な感じは、作品がおとなしい感は否めないが(これ、毎年言ってるような感じですが。。。)、何とか完成までこぎ着けている学生の奮闘は感じ取ることができた。
 今年、印象に残ったのは、発表できなかった学生から発表希望者を募るのだが(ある意味、敗者復活的なシチュエーション)、ひとりの女子学生が手を挙げたということ。個人的には票を入れるか迷った作品だったので、評価の土俵に上がれてよかったと思う。ここ数年はその場面で学生から全く手が挙がらなく、他の教員とも「最近の学生は、おとなしいね。」と言っていたので、この意気込みは評価したい。しかも、発表する話を聞くことによって、その作品への理解も深まるので、また新たな展開も議論ができる。結局、建築はコミュニケーションが非常に大切な分野なのだと実感をする。
 講評会後の打ち上げも、学生が一様の開放感に包まれており、こっちもほっと一安心。3年生は後期に向けて、また夏休みはステップアップして欲しい。
 自宅のイタリアンパセリに尺取り虫が住み着き、ここ数週間であっという間に大きくなっている。時が経つのは、早いなぁ、と改めて実感。前期もあっという間に終わっていく。さて、次は4年生の卒業研究だ。(TM)