2017/02/16

今治←大三島

 所用があり、愛媛の今治と瀬戸内の大三島(ここも実は今治市内)へ赴く。
 今治は何と言っても丹下建築。
 市中心街に、今治市庁舎・公会堂・市民会館の3つの建築が一体で存在している。丹下建築の中では大代表作という訳ではないが、初期の傑作の一つと言っていいだろう。改めてみてみると、最初期の広島平和会館(1952)と代々木体育館、東京カセドラル(1964)の丁度真ん中の時期(1958)の建築ということになる(※注:市民会館のみ65年の作品)。
 同一サイトに3つの建築が一群で存在する所が魅力と言えるだろう。丹下建築を語れる程知見がある訳ではないが、丹下建築にはコルビュジェ・イズムのモダニズムの手法と超越的なモニュメンタリズムの2つの(場合によっては相反するようにも見える)特徴がある、ように思う。
 そしてここ今治では、その特徴が一望できるというのがとても魅力的である。市役所が前者、公会堂が後者、市民会館は前者に自由度とバリエーションの展開形、という感じである。
 公会堂は5年前くらいに取壊しの検討もされたが、最終的には改修し存続したという経緯がある。新しく生まれ変わった劇場をみながら、残るか無くなるかの曲面を生き延びた哀愁が漂っているような妄想をしてしまう。
 今更ながら、建築は(も)はかない存在なのかもしれないな、と思う。ついでに、いい建築に触れることができる幸せも感じさせる、まちの真ん中、なのである。(TM)

2017/02/13

椅子の講評会2016(年度)

  例年そうだが、年度末なので様々な授業の講評会、発表会、審査会がおこなわれる。武蔵野大学で椅子をつくる授業をやっていて、日付は前後してしまうが、今日はその講評会のお話を。今年度もゲスト講評者を招いての講評会を何とか無事に開催の運びに。木工作家の渡邊浩幸さん、現代舞踏家の相原朋枝さん、写真家のキッチンミノルさんにお越し頂き、それぞれの多様な視点から講評を頂く。
 今年度は履修者11名で、それぞれ特徴のあるデザインの椅子ができあがった。今回の講評会を進めながら漠然と感じたことは、あまり要素をつめこみ過ぎて説明過多になった作品は、意外とつまなく感じてしまう(或いは、本当につまらない)ということである。
 昨年のこの会のコメントでも書いたような記憶があるが、作品が発する余白(のようなもの)というものの大切さを改めて感じさせられる。
 作品コンセプトと、実際にできた作品の姿がどちらも妥当性があり、さらにきちんとリンクしていることが大切なのだが、学生の説明を聞いていて、言うべきことを盛り込み過ぎて説明が冗長になってしまう(或いは、説明に終始してしまう)と、作品の持つ最も大切なポイントが横滑りしてしまい、何だか良く分からなくなってしまう(或いは、言うべきことが何もなくなってしまう)ということである。
 まあ、映画や小説でも、こっちに考えさせるものがあった方が傑作ということが多々ある。
 で、もう少し話を進めると、その作品の持つ余白(のようなもの)というものは、しっかりと作者がデザインの答えを持って初めて提示できる(逆に言うと、その答えを持ってないとダメということ)のである。要するに、自分のやりたい事にしっかり向き合って、それを情熱をもってバチッと作品の制作に落とし込んでいるか、ということである。そして、その際、プレゼンの出来不出来はそれ程重要ではなくなってしまうのである。ので、「作品に愛がない。。。それじゃ、ダメだよね~。」ということを総括で講評させてもらう。
 建築の設計も同様のことが言えるが、但し、建築に関してはしっかり説明ができないといけない、という側面もあり、なかなか難しい。。。いやはや。
 終わった後は、履修学生全員を交えて30名程で新宿で打ち上げ。1年の集大成ということで、学生は一様に充実感を漂わせてくれていて嬉しい。さて、次は2日後に卒業設計の審査会が控えている。年度の終わりが続いていくのです。はい。(TM)

2017/02/11

卒業設計審査会2016(年度)


 武蔵野大学の卒業設計公開審査会。
 1/17の学内審査を経て、今年度は9名が最終審査で発表をおこなう。個人的には今年度も司会の役を仰せつかったので(もう何年もやっているので、これでいいのかと若干不安)、なかなか大変な一日になった。
 1300にスタートし学生の発表に続き、公開審査会に突入。今年も審査員の先生方、10名という大所帯で開催(しかも、公開で!)するので、これがなかなか審査会の運営上の難易度を上げている。
 最初に投票をおこない議論に入る。9作品から7作品まで絞り込むことができたが、ここからはさまざまな評価軸と作品解釈が入り乱れる状態になり(って文章で書くと平坦な感じになるが、山あり谷ありで全体で6時間超えの審査会になる。結局、今年も同じような流れになってしまった。まあ、しょうがないですね。。)、作品をこれ以上絞り込むことができずに最終の決選投票へ舵を切る。ここ2年程同じような感じだが、今年も結果がまったく読めないというような状況。
 開票の結果、1位と2位は決まったが、3位と4位が同点となり、再度最終決戦投票。でも、また同点となり、審査委員長(学科長)決裁でやっとすべての順位が決定した。学生の皆さんはお疲れさまでした。
 水谷研からは、4名が審査会に臨み、ノリピーとツトムが5位、6位で次点(武蔵野大学は4位までが優秀賞なので)ということで涙をのんだが、オガチャンが3位、ミスズが堂々の最優秀という結果になった。重ねてになるが本当にお疲れさまでした。審査(ついでに司会も)する側もどっぷりと疲れました。
 終わった後、全体の懇親会をおこない、学生も(ついでに教員も)一応に「1年が終わった感」をにじませながら、学生の作品をツマにいろいろと話をする。
 個人的な感想としては、予選では個人的にイマイチ盛り上がらないなぁと思っていたが、最終の審査会はそこそこ面白かった。ゲスト審査員の方々が「武蔵野大の学生は、自分のやりたいことを卒業設計にしっかりと表現できているように見えるので、面白い。」というコメントをして頂いたので、うれしい限り。とび抜けた作品がなかったのは、個人的には少し残念だが、まあ、良かったのではないかと自分を納得させることとする。

学生たちには、卒業設計は卒業後も自身の語り草になるので大切にして欲しい、というようなことをメッセージとして伝えて、長い一日が終わる。
 作品展は有明キャンパスにて明日まで開催していますので、是非会場にお越しください。さて、いよいよ年度末も佳境に突入。(TM)

2017/02/09

既存樹木の椅子

 設計監修で携わっている、武蔵野クリーンセンターも4月の新施設オープンに向けて最終段階に入っている。設計監修の流れで、施設内の椅子の設計をおこなうことになった。
 敷地が限定されており、敷地内建て替えという施工プログラムを経るということもあり、敷地内のイチョウの樹を伐採しなければならなくなったという経緯があった。
 樹木自体は2年前くらいには伐採されており、乾燥期間等を経て、やっと完成の日の目を見ることとなった。施設全体の建築デザインが「武蔵野の雑木林」ということをコンセプトにし、ルーバーによるデザイン・モチーフでゆるやかにつながっているので、椅子のデザインにもこのコンセプトを(もちろん)展開させている。
4月から自由に施設を見学できますので、施設に来場し是非座ってみてください。(TM

2017/02/08

『Blond』をLPで聴きながら

 昨年リリースのフランク・オーシャンの『Blond』はネット配信しかされなく、アナログ人間の僕にとっては、本当に残念としか言いようがなかった。が、急遽、アナログ盤LP2枚組)が発売。CDはすっ飛ばしての発売なので、僕としてはここで買うしかなく、あわてて吉祥寺のレコード屋へ走りゲット。
 盤は何故か、黄色(タイトルと関係を持たせているのかなぁ?)。
 最近、ゲット(CDです)した、チャイルディシュ・ガンビーノとどうしても比較してしまうのだが、やはりフランク・オーシャンの方が圧倒的だ。前作に比べて内省的な雰囲気があり、個人的には非常に好きで夜な夜な聴いている感じ。
 そして、たまたま、おそらく息子(2歳)が、いたずらで棚から散らかした、スライ&ザ・ファミリーストーンの『暴動』(『There's a Riot Goin' On』)のアルバムが、帰宅したら床に転がっていたので聴いてみる。スライとフランク・オーシャンを比べてはいけないかもしれないが、改めて、本当に改めて、やはりスライは圧倒的だ。
 フランク・オーシャンのアルバムも錚々たるメンバーが参加(ビヨンセやケンドリック・ラマー、等)しているが、『暴動』のジャケットを見ると、ボビー・ウーマックやアイク・ターナー、ビリー・プレストン、がクレジットされており、ラリー・グラハム(ドレイクの叔父さん!)もまだメンバーに残っている。いや、改めて(そして、今更ですみません)凄いな。。。音楽の系譜は続いている。合掌。(TM

2017/02/07

屋根の上の景

 「黄金町のいえ」も完成が近づいている。
 丁度、屋根スラブの型枠もばれる時期となり、後は内装工事へと進んでいくばかり。
 敷地が線路脇にあるため、建築(屋根)と線路(電車)の関係が面白い。
 写真はスタッフのharuが躯体確認のために屋根の上に乗っているところ。
 
 足場がばれると、こういう風なアクテビティはできなくなってしまうが、設計コンセプトを表しているなぁ、と感じパシャリ。
 内部もいい感じです。竣工までもうしばらくおまちください。(TM

2017/01/29

さいたまスーパーアリーナにその音は轟く

 さいたまスーパーアリーナへ。
実は、ここに来るのは初めて。
ライブは18:00開演だが、16:00過ぎの会場時間帯からものすごい数の人々で会場周辺は溢れ返っている。
 まったく事前予習をしないでライブに出かけたので、18:00から前座(日本のロックバンド)の演奏があり、いきなり拍子抜け(笑)。本編は19:30にスタートとなった。
 さて、今回のライブははっきり言ってまったく期待値無しで臨んでいた。
 バンドは80年代後半に衝撃的にデビューを果たし、一気に世界の頂点まで上り詰めた。90年代の半ばにオリジナルメンバーが次々と脱退し、ヴォーカルだけが残るかたちになり、ほぼバンドは崩壊した状態(断続的にライブ活動は継続していたが)が続いていた。それが約24年ぶり(何と!)に、ヴォーカル&リード・ギター&ベースのオリジナルメインメンバーが揃うという記念すべき来日となった。と、いう訳で、僕の学生時代(それこそ20数年前)の来日公演を見逃してしまい悔いがあったということもあり、「まあ、記念に観ておこう」という感じで会場に乗り込んだ次第である。
 そして、ライブが19:30に切って落とされた。
 1曲目はファーストアルバムの「It’s So Easy」から始まる。ここで、僕のライブに対する安穏としたモチベーションは一気に粉砕されることになる。まさに、圧倒的な演奏、そして会場を呑み込むドライブ感。はっきり言って自分が歳を取ってくると、いろいろなものを観てきてしまっているということもあり、観るライブに対する感動の度合いは薄れてきているここ近年なのだが、まさに今回は「雷にうたれたような」衝撃で、自分でもビックリした。そして、この感動は、ポール・マッカートニーやクイーンのライブで感じた種類の感動とは全く別のものだ。
 そして、2曲目に「Mr.Brownstone」(これもファースト・アルバムの楽曲!)が叩き付けられるように演奏され、もう後は恍惚となりライブの中に没頭していくことになる。それにしても、ライブ前には完全に忘れていたが、「こいつら。。確かに、上手かったよな。。そして、マジで上手いな。。。」という、とても基本的な所を思う存分思い出さされてしまった。
 セットリストの中に、ボブ・ディラン、ポール・マッカートニー(この2曲はアルバムにも収録されている)、フー、ダムド、クラプトン、ピンク・フロイド、おまけに映画『ゴッド・ファーザー』のテーマ、といった曲群のカヴァーが入っており、その演奏を聴きながら、このバンドの懐の深さを感じさせられた(はっきり言って、このラインナップを一つのバンドで消化するのは不可能ではないだろうか)。
 ほぼMC無しで、ぶっ続けの演奏。何と約3時間の演奏!いや、本当に素晴らしかった。バンドとしては一時期ボロボロになり、紆余曲折を経ながらも、ヴォーカルがバンドを何とか継続させていたことによって、今夜のライブがあったということで、「いや、本当によかったよな。。」と改めて感じ入りながら、さいたまを後にする。
ギター:スラッシュ、ベース:ダフ・マッケイガン、そして、ヴォーカル:アクセル・ローズ。
そのバンドの名は、『ガンズ・アンド・ローゼス』。(TM