2017/03/02

Lab.引継会@吉祥寺


 年度末ということもありさまざまな事柄がまとめに入っている。
 4年生は卒業間近になってきた。
 来年度水谷研に配属のメンバーを交え、11期生、12期生の引継会を吉祥寺にて開催。1学年しか違わないので、さすがに知らない顔はいないと思うが、じっくり話したことない学生同士の関係もあり、我ながら本当にいい機会だと思う。
年度末のまとめの一環だが、大学では年度毎に学生の作品集(『Mu』というタイトルの小冊子です)を制作しており、そこに掲載するための文章も現在進行形でバリバリと執筆中。その中で、今年度は巻頭あいさつのテキストを書くことになった。ちょっとフライング気味ですが、2016年度を振り返るということで、全文を以下に掲載させていただきます。
 さて、いよいよ来年度へ向けて始動しだす。

2016年度『Mu 』はじめに
 2016年度(今年度)を振り返ると、やはり、アメリカの大統領が交代したことが最も大きなニュースと言ってもいいかもしれません。この文章を書いている今も、現在進行形で新しいアメリカ大統領に関するさまざまなニュースが流れており(残念ながら、それらのほとんどが、あまり良いとは言えないものではありますが。。。)、世界の状況はなかなか油断ができなくなってきているように感じます。そういう訳で、昨今はどうしても新しい大統領に目を奪われがちですが、今年度ということになると、ひとつ大きな出来事がありました。それは、2016年の527日に前大統領であるバラク・オバマ大統領が広島を訪問した、ということです。
 その時の演説(オバマ前米大統領 広島演説)は、序盤「なぜ私たちはこの場所に、広島に来るのでしょうか?」という言葉で始まります。この言葉に『場所(性)』ということが非常に強く読み取れると僕は感じます。舞台の中心になった広島平和記念公園、及び広島平和記念資料館は建築家の丹下健三が全体の計画をおこなったという経緯があります。広島という場所性に建築的な手法で更なる場所性を付加することにより、この空間にいる人々が重層的に広島の場所としての空気を享受することができているのではないかと思います。建築のもつ力(そしてその影響)というものを実感として感じることのできる、素晴らしい実例だと思います。
 そしてオバマ前大統領は演説の最終盤で私たちが広島に来る理由を語ります。「この場所において世界は永久に変わってしまいましたが、今日この街の子供たちは平和に一日を過ごすはずです。何と貴いことでしょう。それは護るに値する、そしてすべての子供たちに届けてゆくに値するものです。それこそが私たちが選びうる未来なのです。」、と。
 さて、この冊子『Mu』も本号でNo.13となり、創刊から13年が経過したことになります(正確にいうと創刊準備号のNo.0がありましたので14年ということになりますが)。この歳月は、広島からの71年という年月と比較するとちっぽけなものかもしれませんが、時間の蓄積の大きさをある程度充分に感じさせるものだと感じます。その蓄積があって、この冊子に掲載されているような作品群が今年度もつくり上げることができた、という思いを禁じえません。さて、次の2017年度はどんな学生たちの活動が展開するでしょうか?
 オバマ広島演説は最後にこのメッセージで終わります。「その未来にあって、広島と長崎は、核戦争の幕開けの場としてではなく、私たちの道義心が目覚めた場として知られることになるのです。」
 やはり最後も場所性ということを強く意識させられると感じます。さて、僕たちの場所性はどうでしょうか?武蔵野、有明の各々の場所で培ってきたものはここで学んだ学生のみなさんが護るべきモノとして多かれ少なかれ育んでくれることを期待しています。そして、建築をベースに、何らかのスピリッツが目覚めることを、自分も含め、心がけていきたいと思います。いつしか、ささやかながら、ということでもいいと思いますが、建築をデザインする行為が道義的想像力に繋がることを目指して。
(※文中のオバマ前米大統領による広島演説に関しては、雑誌『SWITCH20167月号に掲載の、翻訳家の柴田元幸氏によるテキストより適宜抜粋をしました。)
(TM)

2017/03/01

小さな景と大きな景

 所用で京都、神戸へ赴く。
 京都では大徳寺の塔頭、瑞峯院へ。重森三玲の設計した3つの小さな庭園が特徴的。一部、創建当時からは改築されてしまったものがあるが、限定された空間で厳密にデザインされた小さな世界観は心地よい。
 一方、神戸では垂水方面にある五色塚古墳へ。瀬戸内海を臨み、非常に雄大な世界観が感じられる。歴史の奥深さもあるが、この大らかな空間を体感すると、本当に時間という概念を想起させられる。
 内部に紡ぐ小さな景の世界感と、あくまでも大きな開放感あふれる大きな景の世界感。この対極を感じることも乙なものである。日本の奥深さを感じる関西の日々。(TM)



2017/02/22

音楽堂

 横浜の現場に立ち寄った後、少し時間ができたので、県立音楽堂(設計:前川國男)へ。こちらも今更恥ずかしながらではあるが、初訪問。丁度、公演が終わった後で、次の公演の準備に入る前というタイミングで、とても幸運なことに内を拝見することが可能だった。
 先日の今治に引き続き、モダニズム名建築の劇場を体感する。いや、素晴らしい。戦後間もない時期の建築ということもあり、現在には使いづらい箇所もあると思うが、愛情をもち使用されている感じに溢れている。空間の質感及び湿感が心地のいいもので、館の方からも音がいいと評判されている様子を聞かせいただく。劇場は数値的なもの(音響等)だけでなく、空間の在り様も非常に大切なのだと改めて実感する。
 この名建築も1年後くらいから改修に入るよう。いいかたちで継承されていくことを願うばかりである。(TM)

2017/02/19

怠け者どもの宴

「何で俺たちモテないんやろう?
モテない奴らに夕陽が染みた。。。」
 かれこれ約30年程むかし、京都で暮らすある者たちを表現するテキストである。
 彼らがモテない理由はおそらく百くらいある訳(ジェーン・スーさん的に)だが、一言で言うと、「怠け者だったから」ということである。

 「怠け者」と一言で言ってもいろいろな怠け者がいる訳だが、どのくらい怠け者だったかというと、何もせず怠けながら3週間くらいボーっと家にただ居ても平気、という類のモノである。時間の流れが京都ということもあり文字通り平安な訳である(まあ、平安時代を体感した訳ではないので、この表現は適切かどうかは分からないのであるが。。)。現在だといわゆる「引きこもり」と分類されてしまう可能性があるが、当時はそのような概念がなかったということもあり、ある意味健全ではあった訳だ。まあ、いい時代だったと言えばそれまでなのだが。
 さて、前置きが長くなったが、その怠け者軍団が一同に京都に集結することになった。
 かれこれ約30年程むかし、彼らにも青春の映画があった。メンバーのある者の下宿に集結し、何をすることもなくその映画を鑑賞し、そしてただただ阿保みたいに踊り呆けるという、アレである(って、その「アレってなによ?!」という感じなのは重々承知な訳であるが、それはひとまず置いておくことにする)。
 その映画の名は『ブルース・ブラザース』。
 先日、『スターウォーズ』のレイア姫で有名な女優キャリー・フィッシャーが亡くなった。実は、キャリー・フィッシャーがこの『ブルース・ブラザース』に重要な役どころで出演している。そこで、「キャリー・フィッシャーさんを追悼すべきである。この京都の片隅で。」企画がもちあがった次第である。そこで終結した面々。ぴぴ田、一ちゃん、ウエスタン、ザク、キノピタ、まいけるの6名の怠け者たち。現在は、各方面、各地で活躍する立派な大人になっている(筈である)。
 その者どもが、京都は元田中のとある場所で、映画『ブルース・ブラザース』をみながら、ささやかに、大女優を偲ぶ会を開催した。宴は・・・、もうこれ以上はここに記すことができない。だだ、怠け者の舞踏が、京都の空の下、故キャリー・フィッシャーに届いたことを祈念するばかりである。
 怠け者よ、永遠たれ。

(※この文章はフィクションであり、実在の人物・団体、添付の写真とは一先関係がありません。)        (TM)

2017/02/16

今治←大三島

 所用があり、愛媛の今治と瀬戸内の大三島(ここも実は今治市内)へ赴く。
 今治は何と言っても丹下建築。
 市中心街に、今治市庁舎・公会堂・市民会館の3つの建築が一体で存在している。丹下建築の中では大代表作という訳ではないが、初期の傑作の一つと言っていいだろう。改めてみてみると、最初期の広島平和会館(1952)と代々木体育館、東京カセドラル(1964)の丁度真ん中の時期(1958)の建築ということになる(※注:市民会館のみ65年の作品)。
 同一サイトに3つの建築が一群で存在する所が魅力と言えるだろう。丹下建築を語れる程知見がある訳ではないが、丹下建築にはコルビュジェ・イズムのモダニズムの手法と超越的なモニュメンタリズムの2つの(場合によっては相反するようにも見える)特徴がある、ように思う。
 そしてここ今治では、その特徴が一望できるというのがとても魅力的である。市役所が前者、公会堂が後者、市民会館は前者に自由度とバリエーションの展開形、という感じである。
 公会堂は5年前くらいに取壊しの検討もされたが、最終的には改修し存続したという経緯がある。新しく生まれ変わった劇場をみながら、残るか無くなるかの曲面を生き延びた哀愁が漂っているような妄想をしてしまう。
 今更ながら、建築は(も)はかない存在なのかもしれないな、と思う。ついでに、いい建築に触れることができる幸せも感じさせる、まちの真ん中、なのである。(TM)

2017/02/13

椅子の講評会2016(年度)

  例年そうだが、年度末なので様々な授業の講評会、発表会、審査会がおこなわれる。武蔵野大学で椅子をつくる授業をやっていて、日付は前後してしまうが、今日はその講評会のお話を。今年度もゲスト講評者を招いての講評会を何とか無事に開催の運びに。木工作家の渡邊浩幸さん、現代舞踏家の相原朋枝さん、写真家のキッチンミノルさんにお越し頂き、それぞれの多様な視点から講評を頂く。
 今年度は履修者11名で、それぞれ特徴のあるデザインの椅子ができあがった。今回の講評会を進めながら漠然と感じたことは、あまり要素をつめこみ過ぎて説明過多になった作品は、意外とつまなく感じてしまう(或いは、本当につまらない)ということである。
 昨年のこの会のコメントでも書いたような記憶があるが、作品が発する余白(のようなもの)というものの大切さを改めて感じさせられる。
 作品コンセプトと、実際にできた作品の姿がどちらも妥当性があり、さらにきちんとリンクしていることが大切なのだが、学生の説明を聞いていて、言うべきことを盛り込み過ぎて説明が冗長になってしまう(或いは、説明に終始してしまう)と、作品の持つ最も大切なポイントが横滑りしてしまい、何だか良く分からなくなってしまう(或いは、言うべきことが何もなくなってしまう)ということである。
 まあ、映画や小説でも、こっちに考えさせるものがあった方が傑作ということが多々ある。
 で、もう少し話を進めると、その作品の持つ余白(のようなもの)というものは、しっかりと作者がデザインの答えを持って初めて提示できる(逆に言うと、その答えを持ってないとダメということ)のである。要するに、自分のやりたい事にしっかり向き合って、それを情熱をもってバチッと作品の制作に落とし込んでいるか、ということである。そして、その際、プレゼンの出来不出来はそれ程重要ではなくなってしまうのである。ので、「作品に愛がない。。。それじゃ、ダメだよね~。」ということを総括で講評させてもらう。
 建築の設計も同様のことが言えるが、但し、建築に関してはしっかり説明ができないといけない、という側面もあり、なかなか難しい。。。いやはや。
 終わった後は、履修学生全員を交えて30名程で新宿で打ち上げ。1年の集大成ということで、学生は一様に充実感を漂わせてくれていて嬉しい。さて、次は2日後に卒業設計の審査会が控えている。年度の終わりが続いていくのです。はい。(TM)

2017/02/11

卒業設計審査会2016(年度)


 武蔵野大学の卒業設計公開審査会。
 1/17の学内審査を経て、今年度は9名が最終審査で発表をおこなう。個人的には今年度も司会の役を仰せつかったので(もう何年もやっているので、これでいいのかと若干不安)、なかなか大変な一日になった。
 1300にスタートし学生の発表に続き、公開審査会に突入。今年も審査員の先生方、10名という大所帯で開催(しかも、公開で!)するので、これがなかなか審査会の運営上の難易度を上げている。
 最初に投票をおこない議論に入る。9作品から7作品まで絞り込むことができたが、ここからはさまざまな評価軸と作品解釈が入り乱れる状態になり(って文章で書くと平坦な感じになるが、山あり谷ありで全体で6時間超えの審査会になる。結局、今年も同じような流れになってしまった。まあ、しょうがないですね。。)、作品をこれ以上絞り込むことができずに最終の決選投票へ舵を切る。ここ2年程同じような感じだが、今年も結果がまったく読めないというような状況。
 開票の結果、1位と2位は決まったが、3位と4位が同点となり、再度最終決戦投票。でも、また同点となり、審査委員長(学科長)決裁でやっとすべての順位が決定した。学生の皆さんはお疲れさまでした。
 水谷研からは、4名が審査会に臨み、ノリピーとツトムが5位、6位で次点(武蔵野大学は4位までが優秀賞なので)ということで涙をのんだが、オガチャンが3位、ミスズが堂々の最優秀という結果になった。重ねてになるが本当にお疲れさまでした。審査(ついでに司会も)する側もどっぷりと疲れました。
 終わった後、全体の懇親会をおこない、学生も(ついでに教員も)一応に「1年が終わった感」をにじませながら、学生の作品をツマにいろいろと話をする。
 個人的な感想としては、予選では個人的にイマイチ盛り上がらないなぁと思っていたが、最終の審査会はそこそこ面白かった。ゲスト審査員の方々が「武蔵野大の学生は、自分のやりたいことを卒業設計にしっかりと表現できているように見えるので、面白い。」というコメントをして頂いたので、うれしい限り。とび抜けた作品がなかったのは、個人的には少し残念だが、まあ、良かったのではないかと自分を納得させることとする。

学生たちには、卒業設計は卒業後も自身の語り草になるので大切にして欲しい、というようなことをメッセージとして伝えて、長い一日が終わる。
 作品展は有明キャンパスにて明日まで開催していますので、是非会場にお越しください。さて、いよいよ年度末も佳境に突入。(TM)